妊婦の短期ダイエットで気を付けなければいけないこと

妊婦はお腹の赤ちゃんが育っていくということもあり、無理なダイエットは禁物です。また、貧血にならないように気をつけなければいけませんから、ダイエットをするのであれば植物性たんぱんく質が豊富な豆腐料理などがおすすめです。短期ダイエットをするのであれば食事制限は避けられませんから、栄養価が高くカロリーが少ない食材で自分の健康管理も考えながら実行するといいです。また、激しい運動は出来ないのでヨガ・ウォーキングが最適です。

 

 

妊娠中の体重

妊娠中、体重管理が厳しい病院だと前日や当日朝の食事を抜いたり、
体重を測るまでは当日の水分を絶ってしまう、なんて話を聞いたことがあるのではないでしょうか。
確かに一時的には体重をごまかすことはできますが、
それではおなかの赤ちゃんに申し訳ないですよね。
栄養をきちんと摂らないことは、成長にも影響を及ぼします。
赤ちゃんが生まれたら、いずれ赤ちゃんの離乳食や食事作りが始まります。
そのときを見越して、今からご自分の食事を見直すよい機会です。
過剰な油分や糖分を控えて、バランスのよい食事を少しずつはじめてみましょう。

 

 

重い体での散歩も効果的です

臨月に入った時、実家で世話になり始めてから体重増加に悩みました。
どうしても、自分でやっていたことが少なくなるので、
運動量が少なくなるし、親からは栄養つけなさいと食べることを勧められ。
高齢出産だったので医者からも体重増加は叱られましたよ。
「もう臨月だから、どんどん運動しなさい。いつ出てきでもいいんだから。」
と言われました。
なので、歩いて15分くらいのところにある図書館に、お天気のいい日は
いつも歩いて行ってました。
図書館で、一休みがてら“ひよこクラブ”とか見て、そして帰ってくる。
そんな風に過ごしていたら、体重減りました。先生に褒められました。
お勧めです。

 

→妊婦の短期ダイエットに、オススメなのは…